Confession For Exist

生きること。それは日々を告白してゆくことだろう。

「Opera」ライセンスキーの無料配布は日本時間の8月31日22時まで

Operaが10周年を記念してライセンスキーを無料配布、本日22時開始
ノルウェーのOpera Software ASAは8月30日22時(日本時間、以下同)、会社設立10周年を記念してWebサイト上でオンラインパーティーを開始した。30日22時40分現在、同パーティーの催し物の1つとして、「Opera」のライセンスキーを無料で配布している

「Opera」ライセンスキーの無料配布は日本時間の8月31日22時まで

同社によると、同パーティーは24時間で閉幕するとしている。つまり、催し物の1つである「Opera」ライセンスキーの無料配布は、日本時間の8月31日22時をもって終了となる計算だ。

窓の杜

 タイトルにいきなり締め切り時間を書いたけど只今Operaが10周年を記念してライセンスキーを無料配布してます。開始は8月30日22時からだったのでちょうど24時間の10周年パーティーの間限定になってます。あと残すところ2時間あまり。。。興味のある方は急いで「Opera」のWebサイトにアクセスしましょう。

The Opera Blog - News | Opera

ライセンスキーは、Webページ右上の[Go free now]ボタンを押したあとに、自分のメールアドレスをWebフォームで送信すれば無料で入手可能だそうです。ちなみに今回無料で配布されたライセンスキーは、「Opera」v8.01 日本語版でも利用できるそうです。

ノルウェー生まれのブラウザ。広告表示付きではあるが、無料で使用できる。税込5040円(アカデミックで2940円)を支払うと、広告表示が無い正式版を利用することができる。

IE、NNとは異なる独自エンジンを実装している。そのため、他のIEコンポーネントを利用したタブブラウザと異なり、IEのセキュリティホールの影響を被らずに済むという長所を持つ。

この独自エンジンだが、“The Fastest Browser on earth!”の謳い文句通り、動作は軽快で、特に「戻る・進む」でのページ再描写は驚異的に速い。日本語版がバージョン8になったことにより、起動時間も他のブラウザ並みかそれ以上の速さになった。

『「マウス右を押しながら左」で戻る、「左を押しながら右」で進む』など、独特の洗練されたマウスジェスチャー体系を持っており、その使い勝手のよさに惹かれて使い続けているユーザも多い。他にも、ブックマークへのコメント付与、ユーザー指定CSS切り替え(自分で用意したCSSにボタンひとつで切り替える機能)、スキンを用いた外観の変更、といった細かい機能も充実していることも魅力である。

メールクライアントがOpera本体に統合されているため、Opera上でメールチェックを行うことができる。mail-toタグを踏んだ際に外部のメールクライアントが起動されることが無いため*3、快適なネットサーフィンを楽しめる。もちろん、Outlook Expressのセキュリティホールを心配する必要も無い。また、他のタブブラウザと異なり、Operaは前回終了時に表示していたページやタブを復元するだけでなく、それぞれの履歴も個別に復元する。

あえて欠点を挙げるなら、IEを利用したアプリケーションとの連動がきかないことだろうか。例えば『紙』などでページをhtmlで取り込むことなどができない。IEの右クリックメニューに統合するアプリケーションなどにも非対応となる。

Opera-はてな検索より