Confession For Exist

生きること。それは日々を告白してゆくことだろう。

PHP-書籍について

2chやらGoogle、はたまたmixiまで屈指して入門書からステップアップ向きの書籍を調べ集めてみました。そこで感じたのはPerlは比較的入門書からステップアップ本までの流れができますが、PHPは一長一短の本が多く聖典のような物が無いということです。洋書まで含めるとあるようで、和書でわからなかった事が洋書を読んだらすぐわかったという発言も多かったです。ただ、あくまで英語が読める人限定の話。僕にとってはプログラミング言語以前の問題です。まず洋書を読めるようになんて考えたらPHPに辿り着くのに何年かかることやら。せめて日本語ぐらい理解できるよう頑張りましょう。

で僕が勉強の為に準備した6冊です。うち3冊は本日午後にAmazonで購入したので来週半ば頃届く予定です。

はじめてのPHP言語プログラミング入門

本書は、プログラミング言語としてのPHPを解説することに最も重点を置いた入門書です。本書を通じて本格的なアプリケーション構築に必要な基礎知識を習得することができます。

改訂新版 基礎PHP

初心者用のPHP本としては良いのですが、中盤以降は明らかに初心者の域から逸脱します。PEARやSmartyに関する情報もMySQLに関する情報も不十分で、最終的にサンプルを作って終わり。ただ中盤までは非常に評価の高い書籍です。

まるごとPHP!〈Vol.1〉

初心者は入門書籍を他に求めて PHP の基礎部分を理解した後に 「PEAR であぷりをつくろう」の理解に目標を据えて取りかかると効果的。極める ! PHP充実の執筆陣による書き下ろし記事のほか、国内唯一のPHP専門誌『PHPプログラマーズマガジン』から秀逸な記事を厳選しました。これからPHPをはじめたい人、脱初級者を目指す人、SmartyやMojaviなどの旬な技術を身に付けたい人など、すべてのPHPユーザーにおすすめです。

極める ! PHP

充実の執筆陣による書き下ろし記事のほか、国内唯一のPHP専門誌『PHPプログラマーズマガジン』から秀逸な記事を厳選しました。これからPHPをはじめたい人、脱初級者を目指す人、SmartyやMojaviなどの旬な技術を身に付けたい人など、すべてのPHPユーザーにおすすめです。

Web+DB press (Vol.18)

PHPに関してはかなり濃い内容の特集になったんじゃないでしょうか?今でも超お勧め

自分で作る blog ツール

本書では、TrackBackやRSSといったblog的な機能を、人気のライトウェイトスクリプト言語「PHP」を使って実装してゆく。本書で後半で解説している各種の技術を取り込んで、一味違う個性的なblogツールの開発に挑戦してみるのもいいだろう。

計6冊ですがステップアップ及び目的を考慮して揃えてみました。仕事や家庭生活の合間をみてと考えると1冊あたり1ヶ月はかかりそう。それにみなさん書き込む事が大切とも言っているしその辺も丁寧にやりたいと思います。このブログも覚書きに書き込むようにしないとな。で30MB使いきるぞー!!

すべてのレビューはAmazon.co.jpより引用・抜粋しております。