Confession For Exist

生きること。それは日々を告白してゆくことだろう。

創立記念日

f:id:KGO:20210310235317j:plain

今年初めて会社の創立記念ということで記念品としてお菓子を頂いた。何周年という区切りのよい年というわけではなく、今後も継続的に行っていくらしい。数年前にはこんな風に設立した日をお祝いする日がくるなんて想像もできなかった。良い会社になったものだ。

簿記学習日記 - 2日目

経営成績

経営成績とは、一定期間の収益および費用ならびに利益または損益の状況をいう。この経営成績は、一定期間に得た利益または損失がどのような原因でいくら生じたのかを示しており、利益または損失は一定期間の収益と費用の差額として計算される。

収益 ー 費用 = 利益

利益には様々なものがあるが、一定期間のすべての収益とすべての費用の差額といて計算される利益を当期純利益という。

  • 収益(資本が増加する原因)・・売上、受取手数料、受取利息など
  • 費用(資本が減少する原因)・・仕入、給料、広告宣伝費、水道光熱費、消耗品費、支払手数料、雑費、支払利息など

損益計算書

損益計算書とは、収益と費用を対比させ、当期純利益を表示し、一定期間の経営成績を示すための書類。

当期純利益は収益と費用の差額を求められてるため、収益の金額と費用および当期純利益の合計金額は一致する。これを損益計算書等式という。

費用 + 当期純利益 = 収益

収益に比べて費用が多い場合には当期純損失となる。

簿記一巡の手続き

日々発生する取引を記録し、その記録に基づいて、経営成績や財政状態を明らかにするための手続きが必要。

日々の手続き

取引ー(仕訳)→仕訳帳ー(転記)→総勘定元帳ー(集計・検証)→試算表

決算の手続き

決算整理前試算表ー(決算整理仕訳)→決算整理後試算表ー(帳簿の締切り)→損益勘定など→損益計算書

   →貸借対照表

取引

企業の資産、負債、資本、収益、費用に増減変化をもたらすあらゆる事象を簿記では取引という。

取引の記録方法

企業が所有している財産は、取引が生じることにより内容が変化していく。簿記では、この変動の結果を明らかにするために、勘定に記録して計算する。勘定は現金、貸付金、借入金、受取手数料、給与など具体化、細分化した上で記録・計算されるが、このような勘定に付された名称を勘定科目という。

勘定では、̟⊕̠⊖の符号を用いて増減を記録するかわりに、記入の位置を左右に分け、増加と減少を区分して記入を行う。

勘定の左側を「借方」、右側を「貸方」という。

勘定はT字形しているところから、T字形勘定という。

勘定

貸借対照表関連

  • 資産の勘定・・現金、貸付金、建物、備品、車両運搬具など
  • 負債の勘定・・借入金など
  • 資本の勘定・・資本金など

損益計算書関連

  • 収益の勘定・・受取手数料、受取利息など
  • 費用の勘定・・給与、水道光熱費、消耗品費、支払利息など

総勘定元帳・・勘定科目別の記録、計算を行うための帳簿のこと。

勘定口座・・総勘定元帳に設けられた勘定のこと。

勘定の記入法則

  1. 資産の増加は借方、減少は貸方に記入する
  2. 負債の増加は貸方、減少は借方に記入する
  3. 資本の増加は貸方、減少は借方に記入する
  4. 収益の発生は貸方、取消は借方に記入する
  5. 費用の発生は借方、取消は貸方に記入する

マイボトルブレンダー

f:id:KGO:20210308234056j:plain

二月生まれですが、今日会社から誕生日プレゼントをもらった。なぜ、これだったのかはわからないけど妻が喜んでくれたのでよかった。週末にでも試しにスムージーでも作ろうかと思っている。

簿記学習日記 - 1日目

テキスト2周目。今まではStudyplusで結果だけ記録していたけど、2周目はここに記録していこうと思う。

簿記とは

簿記とは「帳簿記入」の略語として生まれた言葉である。経済活動を一定のルールに基づいて、分類・整理した上で帳簿に記入する技術が簿記である。

簿記の目的

日々の経営活動を帳簿に記入し、一定期日の財政状態と一定期間の経営成績を明らかにする必要がある。

一定期日の財政状態は貸借対照表という書類で示され、一定期間の経営成績は損益計算書という書類で示されるが、貸借対照表や損益計算書などを総称して財務諸表という。

会計期間

継続する企業の活動を一定期間で区切る必要があり、この一定期間を会計期間という。また、会計期間の開始日を期首、終了日を期末(決算日)、期首から期末までの期間を期中という。

財政状態

財政状態とは、資産、負債および資本の状態をいう。

  • 資金の調達源泉(資金をどのように集めたか)・・・・負債、資本
  • 資金の運用状態(資金をどのように使っているか)・・資産

資産

企業が所有するもののうち金銭価値であらわすことができるもの

 現金、建物、備品、車両運搬具、土地

企業が将来外部より金銭などを受取ることができる権利

 貸付金

負債

企業が将来外部に金銭などを支払わなくてはならない義務

 借入金

資本

資産から負債を差引いた金額で、企業における正味の財産の金額をいい、純資産ともいう。

 資本金

貸借対照表

貸借対照表とは、資産、負債および資産を記載し、一定期日の財政状態を示すための書類をいう。

貸借対照表等式

負債と資本は資金の調達源泉を示し、資産は資金の運用状態を示しているため、資産の合計金額と、負債と資本の合計金額は一致する。

資産 = 負債 + 資本

資本等式

資本は資産と負債の差額として計算することができる。

資本 = 資産 ー 負債

 

はてなブログProで独自ドメイン

f:id:KGO:20210307180336j:plain

男の手料理『肉じゃが』

 独自ドメインの設定は、有料プラン「はてなブログPro」に加入しているブログで利用できます。

ということではてなブログProを申し込んで先日取得したドメインの設定をした。

他の方がGoogle Domainsで取得したドメインをはてなブログに設定したときにハマったような記事を読んだので僕もハマるかなと思ったけど案外スムーズに設定できた。

やったことと言えばはてなブログの「新規で独自ドメインを設定する場合」の「ネイキッドドメイン(wwwなどのホスト名がつかないドメイン)を利用する」を読んで、Google Domains側の「カスタム リソース レコード」を手順通りに設定しただけ。

過去ログもコツコツ手入力で移行中。こういう作業は個人的に好きでいつまでもやってしまうから、休日の決められた時間内作業にするようにして新しい記事をあげていこう。

 

「#この1年の変化」

昨年の8月に趣味の時間を持ちたいと思って毎日一時間を読書に充てようと決めた。

昔から本を読むのは好きで、数年ごとに本の虫が騒ぎ出してがむしゃらに本を読みだすわけだけど、なんせ本は読めば読むほどかさみ出して保管場所の問題が出てきてしまう。

その反省から今回はKindle Paperwhiteを購入。その便利さから本を読む速度も加速度的にあがって池井戸潤さんと稲盛和夫さんの本を読み漁った。

それから三か月経った頃にふとこの読書の時間を独学に充てたらもっと建設的な時間になると思って今、何を学びたいかと考えたところ会計や経営にまつわる数字に精通したいと考えた。

で、取り組んでいるのが簿記。とりあえず一年かけて三級と二級の取得を目標にした。50代という年齢的にも衰えもあるし、仕事で経理業務なんかに従事したこともない初学者だけど日々の積み重ねを信じて勉学に勤しもうと思っている。

ホームステイの時期を経て。おうち時間の活用を考えて初めて独学で資格を取ろうと考えられたのが「#この1年の変化」。

何年か後にこの時期のことを人生のターニングポイントと捉えられるように頑張ろう!

 

#この1年の変化

Hello, .dev!

.devドメインを取得した。ドメインは過去にも何度かバリュードメインムームードメインで取得してるけど、今回は.devドメインということと他のサービスより価格が安かったので初めてGoogle Domainsで取得してみた。

有名なGoogleといえども自分の中では海外メーカー。手続きが大変そうで二の足を踏んでいたけど、いざ手続きを進めてみたらあっさりと取得できた。

今回は否が応でも継続させたいと思っているので高いドメインを取得したし、はてなブログProも申し込むつもり。

先行投資しちゃったからには結果をださなきゃ。